バックスピン量を最適にして飛距離を伸ばそう!

飛距離を決める要素は
3つあります。
・ボール初速
・打ち出し角
・バックスピン量
です。

今日は、
バックスピン量を最適にして飛距離を伸ばそう!
について書きます!

ドライバーのスピン量は、
2000~3000回転が理想です。
ヘッドスピードと打ち出し角によって
理想のスピン量は変わります。

スピン量が多いと
ボールは吹け上がり
飛距離をロスします。
スピン量を減らすには、
・ドライバーの芯より上で打つ
・ロフト角を小さくする
・ゆっくり振る
・レベルブローで打つ
・ドロー系の球を打つ

スピン量が少ないと
ボールはドロップし
飛距離をロスします。
スピン量を増やすには
・ロフト角を大きくする
・ダウンブローを強くする
・速く振る
・フェード系の球を打つ
が考えられます。

是非一度、
ゴルフショップで
弾道測定をしてみてください!
飛距離アップの
鍵が見つかるはずです!

←前の記事

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


コメントを残す