もっとヘッドスピードを上げるために考えられる5つのこと

ゴルフのドライバーショット

今年の
第一回ヘッドスピードアップ作戦は
終了しました。

結果は、
47m/s→53m/s
でした。

⇒結果はこちら

ヘッドスピードアップを目標に
練習していましたが、
途中で指を痛めてしまうなど
アクシデントもありました。

ゴルフシーズンも始まりますし、
ヘッドスピードアップ練習は
一時中断します。

速く振った時の
平均ヘッドスピードが
52.0m/sくらい。

まだまだ速く振れると思います!

今日は、
もっとヘッドスピードを上げるために
考えたこと5つを書きます(^^)

目次
①筋力トレーニングをする
②特別な素振り練習をする
③クラブシャフトを長くする
④クラブヘッドを軽くする
⑤暖かくなれば…

スポンサーリンク


①筋力トレーニングをする

トレーニングルームの写真

クラブを速く振るためは
筋力トレーニングも必要です。

 

どこを鍛えればいいのか?

についてですが、
体幹と下半身の筋肉を
鍛えるといいですね。

腕の筋肉をつけるのも効果的です。

ダウンスイングで
腕の重さも使えます。

しかし、腕だけに筋肉をつけすぎるのは
逆効果です。

あくまで、
体幹部と下半身を中心に
全身パランス良く鍛えることが
基本になります。

クラブを速く振っても
ぐらつかないような身体を
作りましょう(^^)

②特別な素振り練習をする

クラブを振る筋肉は、
クラブをどんどん振ると付きます!

筋肉は2種類あることを
ご存知ですか?

「遅筋」と「速筋」です。

遅筋とは、
持久力がある筋肉ですが、
瞬発力に劣ります。

速筋とは、
瞬発力がある筋肉です。
持久力はあまりありません。

クラブを速く振るためには
両方の筋肉を鍛えることが効果的です!

どうすれば
両方の筋肉を鍛えることが
できるでしょうか?

答えは、
「軽いクラブと重いクラブを交互に振る」
です。

①遅筋の鍛え方

遅筋を鍛えるには、
野球用の重いバットを
振ることが効果的です。

重いものを振ることで、
振る筋肉が鍛えられます。

バットは重いので、
手先では振ることができません。

体全体を使わないと振れません。

子どものスイングは
体全体をバネのように使い
ボールを打っていると思いませんか?

子どもは腕の力に劣ります。

ですので、ボールを飛ばすために
体全体を使うスイングになります。

大人の場合、
特に男性の場合は
腕力だけでも飛ばすことが出来ます。

ですので、
どうしても腕力に頼った
スイングになりがちです。

バットを振ることで、
体全体を使ったスイングが
自然と身に付きます。

ゴルフ素振り用バット


ゴルフの素振り用バット
「飛距離アップの秘密兵器!パワフルスイング」
もオススメです(^^)

 

②速筋の鍛え方

速筋を鍛えるには、
軽いクラブを振ると
良いです!

重いクラブより、
軽いクラブを振った方が
速く振れますよね(^^)

軽いクラブを振って
速いスピードでクラブを振ることを
覚えると、ヘッドスピードは上がります。

練習の際は、
ゴルフクラブを逆さまに握って
振ると良いです。

軽いクラブを左耳の方で(右打ちの場合)
「ビュン!」
という音が出るように振ります!

右耳の方で音がすると
手打ちになっています。

この練習で、速筋が鍛えられ
どんどんクラブを速く振れるようになります!

ヤードスティックup5


オススメの練習器具は、
「ヘッドスピードアップ練習器!up5(アップファイブ)」
です。

結構昔に発売されたものですが、
速く振るための練習に最適です!

飛距離アップには、
柔軟性も大事になりますね。

筋力アップと同時に
ストレッチもしっかり行いましょう!

 

 

③クラブシャフトを長くする

カーステンマース世界一長いゴルフクラブのギネス世界記録

シャフトは短いよりも長いほうが
ヘッドスピードは上がります。


ルール上、48インチまでは
長くしてもOKです!

面白い話があります。

デンマークのプロゴルファー
「カーステン・マース」さんが
世界一長いゴルフクラブのギネス世界記録達成しました。

約172インチ(4.37メートル)のゴルフクラブで
180ヤードを飛ばしたらしいです。

 

 

んっ!?
あまり飛んでいない(^_^;)

長すぎるシャフトでは
飛距離は落ちますね(^_^;)

自分の振れる範囲で
シャフトを長くするのも
飛距離アップの一つの手です。

是非お試し下さい(^^)

 

 

④クラブヘッドを軽くする

クラブヘッドが軽いほうが
ヘッドスピードは速くなります。

しかし、極端にヘッドが軽いと
ボールに当たり負けして
飛距離は出ません。


最大飛距離を出すには、
ヘッドスピードが遅くならない範囲で、
重いヘッドを選ぶことが重要です!

⑤暖かくなれば…

秋田の冬は寒いです。

氷点下の中練習するので
厚着になりますし、
体も硬くなっています。

もっと気温が上がれば、
必ず振れてきます(^^)

今は3月ですが、
まだまだ寒いです。

早く暖かくなれば
いいですね。

 


 

いかがでしたか?

軽いクラブを振ったあとに
普通のクラブを振ると
ヘッドスピードが上がります。

軽いクラブと重いクラブを
交互に振る練習は、毎日コツコツ
続けることでどんどん効果が出てきます。

ゴルフは飛距離を争うスポーツではありません。
スコアを競うスポーツです。

しかし飛んだほうが
楽しいですよね(^^)

無理して振ると
怪我をしてしまいます。

自分の体と相談しながら
練習してください。

あなたの飛距離アップの参考に
少しでもなれば嬉しいです。

今回も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

★メルマガ登録はこちら!

ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。

登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。

詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


スポンサーリンク


コメントを残す