FM秋田の番組「ランチタイムステップス」に出演させていただきます!

 

今月も、
FM秋田の番組「ランチタイムステップス」に
呼んでいただきました!

 

 

今回は、
・今年ベストスコアを出すために!
・秋田が誇るゴルフ練習場の紹介
などについてお話します。

 

パーソナリティのチャーリー・ホイさん、
今回もありがとうございました!

 

 

放送は、
・6月6日(月)11時30分~
・FM秋田[82、8MHz]
・ランチタイムステップス内の「教えて先生」コーナーに出ます。

 

聴いていただけたら幸いです(^^)

 

 

FM秋田ランチタイムステップス保泉久人チャーリーホイ

 

 

 

 

★メルマガ登録はこちら!

ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や健康情報を配信しています。

今なら素敵なプレゼントをお渡ししています。

登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、お気軽にご登録ください。

 

詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


スポンサーリンク

腎臓病にならないために日常生活で気をつける5つのこと

building-931283_960_720

腎臓が悪くなると、様々な不調や病気を引き起こします。

腎臓は「沈黙の臓器」と呼ばれています。
腎機能が悪くなって最初の段階では、自覚症状がほとんど出ません。
症状が出てきたときには、病気がかなり進行していることが多いです。

とても大事な臓器です。

⇒腎臓の働きについてはこちら


【腎不全とは】
腎不全になると、血液を濾過する機能が落ちます。
腎臓の網で血液を濾過するのですが、網の目が詰まるからです。
そのため、毒素や水分を体の中から出せなくなります。

【慢性腎臓病(CKD)とは】
数ヶ月~数十年かけて腎臓機能が悪くなり、回復しない状態のことをいいます。
慢性腎臓病になると、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高まります。
生命維持に支障をきたし、透析や腎移植が必要となります。

【透析とは】
腎臓に代わって人工的に血液から老廃物や水分を除去する療法のこと。

【腎移植とは】
他人の腎臓を移植し、その人の腎臓として働くようにさせる医療のこと


こんな人は要注意!
・尿検査で蛋白尿が出ている
・尿の色が濃かったり泡立つ
・夜に何度もトイレに行く
・顔色が悪いと言われる
・むくみがひどい
・貧血や立ちくらみがよく起こる
・疲れやすく常にだるい
・息が切れやすい

慢性腎臓病の原因は様々ですが、生活習慣によって防ぐことも出来ます。
今日は腎臓病にならないために日常生活で気を付けるポイント5つを紹介します。

目次
①暴飲暴食をしない 
②タバコを吸わない 
③定期的な運動をこころがける
④規則正しい生活をする 
⑤健康診断に行く

スポンサーリンク


①暴飲暴食をしない

現在のCKDの原因第一位が
「糖尿病」
です。
約半分近くの割合になります。
生活習慣病や肥満を防ぐには、暴飲暴食をしないことが大事になります。

食事は腹8分目を意識します。
味付けも薄味がいいですね(^^)
外食が多いと、どうしても塩分摂取量が多くなってしまします。

・めん類などは汁を残す
・塩分控えめなメニューを注文する
・野菜をしっかり食べる
など、意識すると良いと思います。
「薄味で!」とお願いすれば調整してくれるお店もあります。

食事メニューが偏り過ぎないように
バランス良く食べることが大事ですね(^^)

②タバコを吸わない

タバコは「百害あって一利なし」です。
腎臓にも良くないですし、肺がんや心臓病のリスクも高まります。
お金を払って身体を壊しているようなものです。

タバコをやめるのはなかなか大変だと思いますが、
自分はもとより、家族や周りの方のためにも、
やめることをオススメします。

③定期的な運動をこころがける

有酸素運動がオススメです。

有酸素運動とは、長時間行うことができる比較的軽い運動のことです。
ジョギング・ウォーキング・水泳・エアロビクスダンスなどですね。
30分以上行うのが良いです。

注意点としては、無理をしないことが重要です。
きついと感じるようでは、運動強度が強すぎます。

無理をすると続きません。
自分の体力と相談しながら、無理ない強度で運動習慣をつけましょう。

ゴルフコースを回るのも凄く良い運動です。

ゴルフ場に行くと、嫌でも歩きます。
カートを使っても、1ラウンドで約14,000歩になります。
もちろん、コースや腕前によって歩数は前後しますが…

ラウンドするときは、熱くなりすぎないことも大事です。
「ゴルフを楽しむ」ことを目標に、スコアにこだわりすぎず楽しく回るといいですね。

④規則正しい生活をする

夜遅くまで起きていることはありませんか?
不規則な生活をしていると腎臓に負担をかけるので注意が必要です。

夜ふかしをすると、体内時計が乱れます。
この体内時計のリズムを、概日リズム(サーカディアンリズム)といいます。

夜遅くまで起きているから日中眠い…
日中寝ると夜眠れない…
悪循環ですね(^_^;)

体内時計が乱れると、睡眠障害を起こします。
睡眠障害は、メタボや糖尿病にもなりやすいので注意が必要です。

また、過労やストレスもCKDになりやすい要因の一つです。
お仕事も大変だと思いますが
・残業を減らす
・趣味の時間を作ってストレス解消
など工夫をするといいですね(^^)

⑤健康診断に行く

腎臓病は初期段階ですと、ほとんど症状がありません。
ですので、症状が出現した時は、病気がかなり進行した状態のことが多いです。
病気の早期発見が大事になります!

定期的に健康診断に行き、しっかり検査してもらうことをおすすめします。

腎臓病の場合は、蛋白尿が出ていると要注意です。
しかし、蛋白尿が出たからといって必ずしも病気とは限りません。

疲れている時や発熱時は、蛋白尿が出るときもあります。
※私は夜勤あけの時に、蛋白尿が出ました(^_^;)

早期発見のために、医師の診察を受けましょう。


いかがでしたか?

肝腎要という言葉があるように、腎臓はとても大事な臓器です。
腎臓が悪くなると、透析療法や腎臓移植をしないと生命維持にかかわります。


①暴飲暴食をしない
②タバコを吸わない
③定期的な運動をこころがける
④規則正しい生活をする
⑤健康診断に行く

に気をつけて、元気で長生きしましょう(^^)

今回も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


スポンサーリンク


肝腎要!知らないと怖い腎臓の働き5つ

kidney-147499_960_720

普段の生活で
腎臓を意識したことはありますか?

腎臓はそら豆のような形で、
背中側の腰辺りに2つあります。
腎臓が悪くなると、
様々な不調や病気を引き起こしてしまいます。
とても大事な臓器です。

腎臓の主な働きは、
①尿をつくって老廃物を捨てる
②水・電解質バランスの維持
③血圧の調節
④骨を強くする
⑤血液をつくる
です。

スポンサーリンク


①尿をつくって老廃物を捨てる

私たちの体内では、
全身のすみずみまで
血液が循環しています。
それと同時に、
食事などによって発生した
老廃物を体外へ排出しなくては
いけません。

腎臓はフィルターの
役割をしています!

腎臓で血液はろ過され、
キレイになった血液は
再び体内を循環します。
そして、
不要になった老廃物は
尿として
体外に排出されます。

もし尿が出ないと
どうなるでしょうか?

体に老廃物(毒素)が
溜まりますよね。

体に毒素が溜まった状態を
「尿毒症」
といいます。
全身に様々な症状が
出現する怖い病気です。

尿が出るということは
とても大事なことです!

②水・電解質バランスの維持

【水分バランスの維持】
健康な成人の場合、
体重の60%が水です。
乳児では75%
高齢者では50%
になります。

体の水分量は
一定に保たれています。
健康な人の場合、
水分を大量に飲むと、
尿がいっぱい出るはずです。

しかし、
腎臓が悪くなると
尿が少なくなります。

水分を摂取したのに
尿として出ないと
体はどうなるでしょうか?

答えは
「浮腫(むくみ)」
が生じます。

これは体だけではなく、
臓器にも影響を及ぼします。

例えば、
身体の水分量が多くなると
肺に水がたまります。
肺に水がたまると、
息が苦しくなります。
地上にいるのに、
まるでプールの中で
溺れているような
感じでしょうか。

【電解質バランスの維持】
電解質には、
ナトリウム・カリウム・カルシウム
マグネシウム・リン
などがあります。

健康な人の場合、
不必要な電解質を尿として出し
体の電解質濃度を一定に保ちます。

しかし、
腎臓が悪くなると
尿が少なくなるので、
電解質バランスが崩れます。

例えば、
ナトリウムが増えると、
血圧が上がります。
カリウムが増えすぎると、
心臓が止まります。

腎臓について、
普段の生活で意識することは
ほとんどないと思います。
しかし、
毎日毎日一生懸命
水分と電解質の調節を
してくれています。
とても大事な臓器です。

私は、何回か肺に水がたまった
患者さんの対応をしましたが、
本当に苦しそうでした。

健康な生活をする上で、
腎臓について知ることは
大事です。

③血圧の調整

意外な人も
多いかもしれません。
腎臓は血圧の調整も
行っています!

先程も書きましたが、
腎臓が悪くなると
尿が出なくなります。
尿が出ないと、
体に水分や塩分が溜まり、
血液の量が増えます。

血管をホースに
例えてみます。

水量を多くすると、
ホースはパンパンに
張りますよね。
それと一緒で、
血液量が増えると
血管はパンパンになり、
血圧が上がります。

他にも腎臓は
血圧を維持するホルモンを
分泌しています。
血圧が低い時には、
血圧を上げます。
しかし、
腎機能が悪くなると
血圧を調整する能力が低下し、
高血圧になります。

血圧の調整が
上手くいかないと
命にも関わります。
腎臓は小さいですが、
とても大事な臓器です(^^)

④骨を強くする

骨を強くするというと
カルシウムが思い浮かぶと
思います。

しかし他にも
「活性型ビタミンD」
というものが必要です。
活性型ビタミンDは
腎臓で作られます。

ビタミンDの働きは
・カルシウムの吸収を助ける
・骨の新陳代謝を高める
があります。
しかし、
ビタミンDそのままでは
この働きをしません。

腎臓で、
ビタミンDを活性化し
活性型ビタミンDに変化することによって
働くのです。

腎臓の機能が悪くなると
ビタミンDの活性化も低下してしまいます。
そのため、
どんどん骨が弱くなっていきます。
骨粗しょう症の原因にもなります。

腎臓の機能が低下すると
様々な病気を引き起こします。
最初の段階では、
自覚症状がほとんどありません。

定期的に検査を受ける
ことが大事です!

⑤血液を作る

腎臓は、
血液を作る造血ホルモンを
産出しています。

このホルモンを、
エリスロポエチンと言います。
エリスロポエチンが、
赤血球の生成を促します。

腎臓の機能が悪くなると
エリスロポエチンが
出てこなくなります。
そのため、
血液が少なくなり貧血になります。

このように腎臓機能が
悪化することにより貧血になることを
「腎性貧血」と言います。



今回の記事は
いかがだったでしょうか?

腎機能が悪化すると、
・透析療法:腎臓に代わって人工的に血液から老廃物を除去する療法
・腎移植:他人の腎臓を移植し、その人の腎臓として働くようにさせる医療

をしないと、
命に関わることになってしまいます。

腎臓は
「沈黙の臓器」
と呼ばれています。

腎機能が悪くなって最初の段階では、
自覚症状がほとんど出ません。
症状が出てきたときには、
病気がかなり進行している
ことが多いです。

定期的に検査を受け、
早目に気づくことが大切です!

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


スポンサーリンク


腎臓は骨を強くする!

今日は、
腎臓の話の
続きをします。

→前回の記事「腎臓は血圧も調整している!」

腎臓の働きについてです。
腎臓の主な働きは、
①尿をつくって老廃物を捨てる
②水・電解質バランスの維持
③血圧の調節
④骨を強くする
⑤血液をつくる
です。

今日は、
「④骨を強くする」
について書きます。

骨を強くするというと
カルシウムが思い浮かぶと
思います。

しかし他にも
「活性型ビタミンD」
というものが必要です。
活性型ビタミンDは
腎臓で作られます。

ビタミンDの働きは
・カルシウムの吸収を助ける
・骨の新陳代謝を高める
があります。
しかし、
ビタミンDそのままでは
この働きをしません。

腎臓で、
ビタミンDを活性化し
活性型ビタミンDに変化することによって
働くのです。

腎臓の機能が悪くなると
ビタミンDの活性化も低下してしまいます。
そのため、
どんどん骨が弱くなっていきます。
骨粗しょう症の原因にもなります。

腎臓の機能が低下すると
様々な病気を引き起こします。
最初の段階では、
自覚症状がほとんどありません。

定期的に検査を受け、
早目に気づくことが大切です!

←前の記事

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


ゴルフと注射は似ている!目の前の一打に集中する方法!

今日は、
クリニックの夜勤明けでした。

nurse-159224_960_720

夜勤明けで
注射をしたのですが
失敗しました。
患者さんに
痛い思いをさせてしまい
申し訳ないです。

技術力不足が
一番の問題ですが、
夜勤明けだと
集中力も悪くなりますね(^_^;)

患者さんにとっては
私が夜勤明けなど
関係ありません。
より集中する必要があると
思いました。

■■ワンポイントレッスン■■
今日は、
ゴルフと注射は似ている!目の前の一打に集中する方法!
について書きます!

前にも書きましたが、
ゴルフと注射は似ています。
特にパターですね。

入ると思えば入りますし、
入らないと思えば入りません。
集中力が大事になります!

あなたは、
ゴルフでショットを打つ前に
どのような球筋を打つか
イメージしていますか?

イメージ通りに打てるかは
関係ありません。
ただ漠然と打つのではなく
ショットのイメージをしっかり描くと
集中力が高まります。

そして、
自分のやるべきことだけに
集中します。

自分のやるべきこととは、
ボールを打つこと
です!
多くの方は結果を気にするあまり、
自分のやるべきことを
忘れてしまいます。

結果は
自分ではコントロール出来ません。
コントロールできないことを考えると
結果は良くありません。

ボールを打つことは
自分でコントロールできます。
ボールを打つ際の
スイングのチェックポイントは
1つに絞ります。
あらかじめチェックポイントを
決めておくと良いですね(^^)

ショットイメージを
しっかり描くことによって
集中力スイッチがONになります。
シンプルですが
是非試してみてください!

注射も一緒です。
血管をイメージすると
自分のやるべきことが
ハッキリします。
・血管の走行
・どこから刺すか
・どのくらいの角度で刺すか
などをイメージすると、
集中力が高まります。

ゴルフも注射も
集中することが大事ですね(^^)

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


インフルエンザに気を付けよう!

全国的に
インフルエンザが
流行ってきましたね。
秋田でも、
インフルエンザ注意報が
出ています。

今日は、
インフルエンザに気を付けよう!
について書きます!

インフルエンザの感染経路は、
①飛沫感染
②接触感染
③空気感染
の3つが知られています。

①飛沫感染
くしゃみや咳によって、
感染します。
一番気をつけなくては
いけません。

②接触感染
インフルエンザウイルスが
付着したものに触り、その手で
口や鼻を触ることによって
感染します。
手を洗わずに物を食べても
感染します。

③空気感染
空気中に漂うインフルエンザウイルスを
吸い込むことによって感染します。
湿度が低いほど
ウイルスは元気になります。

感染経路がわかれば、
防ぐ方法も見えてきます!

インフルエンザにならないためには、
・マスクをつける(飛沫感染)
・手洗いをしっかりする(接触感染)
・部屋の湿度を50%以上にする(空気感染)
などが有効です!

予防接種を
受けることも大切です。

免疫力が落ちていると
感染しやすいです。
バランスの良い食事を心がけ、
睡眠をしっかり取るといいですね(^^)

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


症状が出たときはもう遅い!?サイレントキラーの恐怖

昨日のブログで、
血圧の調整について
書きました。
今日は、
高血圧について
書きます!

高血圧とは
最高血圧140mmHg以上、
または、
最低血圧90mmHg以上の
ことを言います。

高血圧が続くと、
様々な合併症を引き起こします。

血管をホースに
例えてみましょう。

高血圧の状態が
続くと言うことは、
ホースが常にパンパンな
状態であるということです。
パンパンな状態が続くと、
血管が破れないように
動脈の壁を厚くします。
これが動脈硬化です。

高血圧は
サイレントキラー(沈黙の殺し屋)
とも言われており、
症状はほとんどありません。
症状が出てきてからでは
遅いことが多いです。

ですので、
早目に高血圧に気づくことが
大切になります!

自分の普段の血圧を
知っていますか?

知らない方は
電気屋などで
血圧計を買うといいですね。
普段から自分の血圧を測り、
血圧が高ければ
早目に病院に行きましょう(^^)

P.S.
注射をする時に思うのですが、
動脈硬化の血管は
すごく硬いです。
硬い血管は
刺しづらいです(>_<)

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


腎臓は血圧も調整している!

何個か持っている
ホームページの一つが、
綺麗さっぱり消滅してしまいました(;_;)

サーバーコントロールパネルの
操作ミスです。
バックアップも
中途半端だったので
復活できず…

filezilla

FTPソフトを
ffftpからfilezillaに
変更しました。
ffftpでは保存できない
ファイルもありましたが、
これで解決です!

バックアップは本当に
大事だということを学びました。
一生懸命作っていたサイトだったので
ショックでしたが、
何事も勉強ですね(^^)

■■ワンポイントレッスン■■
今日は、
腎臓の話の
続きをします。

→前回の記事「肝腎要!腎臓の働きについて②」

腎臓の働きについてです。
腎臓の主な働きは、
①尿をつくって老廃物を捨てる
②水・電解質バランスの維持
③血圧の調節
④骨を強くする
⑤血液をつくる
です。

今日は、
「③血圧の調整」
について書きます。

意外な人も
多いかもしれません。
腎臓は血圧の調整も
行っています!

前回の記事で書きましたが、
腎臓が悪くなると
尿が出なくなります。
尿が出ないと、
体に水分や塩分が溜まり、
血液の量が増えます。

血管をホースに
例えてみます。

水量を多くすると、
ホースはパンパンに
張りますよね。
それと一緒で、
血液量が増えると
血管はパンパンになり、
血圧が上がります。

他にも腎臓は
血圧を維持するホルモンを
分泌しています。
血圧が低い時には、
血圧を上げます。
しかし、
腎機能が悪くなると
血圧を調整する能力が低下し、
高血圧になります。

血圧の調整が
上手くいかないと
命にも関わります。
腎臓は小さいですが、
とても大事な臓器です(^^)

←前の記事次の記事→

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


健康のためにゆっくり食べよう!

今日は、
クリニックの日勤、
夜はゴルフレッスンでした!

日勤の時は毎回注射をするのですが、
また一つコツを掴みました!
何事も経験ですね(^^)

■■ワンポイントレッスン■■
今日は、
健康のためにゆっくり食べよう!
について書きます!

昨日は記念日だったので
秋田牛をあつかっている
ステーキハウスに行ってきました!
→昨日の記事「秋田牛玄亭RBステーキハウス」

コース料理10品を
約2時間かけて食べました。
そこで思ったのが、
「ゆっくり食べるとお腹いっぱいになる」
ということです。

早食いの人ほど
肥満度が高いという
研究報告があります。
肥満になると
様々な病気になりやすいです。

ですので、
ゆっくり食べることは
重要です!

ゆっくり食べるには、
しっかり「噛む」ことを
意識すると良いです。

よく噛んで食べることによって
・食べ過ぎを防ぐ
・内臓脂肪の分解を促進する
・脳が活性化する
・唾液の分泌増進によって消化を助ける
などの
効果があります。

ダイエットにも
かなり効果的です(^^)

健康のためにも、
一口で30回くらい噛むことを目標に
ゆっくり食べてみてください!

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


肝腎要!腎臓の働きについて②

今日は、
クリニックの日勤、
夜はゴルフレッスンでした(^^)

DSC_4191

昨日のゴルフ練習場です。
球を打った瞬間、
雪に消えて見えなくなって
しまいます(^_^;)
吹雪に負けない球を
打てるように練習頑張ります!!

■■ワンポイントレッスン■■
今日は、
腎臓の話の
続きをします。

【前回の記事はこちら】

腎臓の働きについてです。
腎臓の主な働きは、
①尿をつくって老廃物を捨てる
②水・電解質バランスの維持
③血圧の調節
④骨を強くする
⑤血液をつくる
です。

今日は、
「②水・電解質バランスの維持
について書きます。

・水分バランスの維持
健康な成人の場合、
体重の60%が水です。
乳児では75%
高齢者では50%
になります。

体の水分量は
一定に保たれています。
健康な人の場合、
水分を大量に飲むと、
尿がいっぱい出るはずです。

しかし、
腎臓が悪くなると
尿が少なくなります。

水分を摂取したのに
尿として出ないと
体はどうなるでしょうか?

答えは
「浮腫(むくみ)」
が生じます。

これは体だけではなく、
臓器にも影響を及ぼします。

例えば、
身体の水分量が多くなると
肺に水がたまります。
肺に水がたまると、
息が苦しくなります。
地上にいるのに、
まるでプールの中で
溺れているような
感じでしょうか。

・電解質バランスの維持
電解質には、
ナトリウム・カリウム・カルシウム
マグネシウム・リン
などがあります。

健康な人の場合、
不必要な電解質を尿として出し
体の電解質濃度を一定に保ちます。

しかし、
腎臓が悪くなると
尿が少なくなるので、
電解質バランスが崩れます。

例えば、
ナトリウムが増えると、
血圧が上がります。
カリウムが増えすぎると、
心臓が止まります。

腎臓について、
普段の生活で意識することは
ほとんどないと思います。
しかし、
毎日毎日一生懸命
水分と電解質の調節を
してくれています。
とても大事な臓器です。

私は、何回か肺に水がたまった
患者さんの対応をしましたが、
本当に苦しそうでした。

健康な生活をする上で、
腎臓について知ることは
大事です。
これからも
コツコツ書いていきますので
ご覧いただけたら嬉しいです(^^)

←前の記事次の記事→

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!