腎臓は骨を強くする!

今日は、
腎臓の話の
続きをします。

→前回の記事「腎臓は血圧も調整している!」

腎臓の働きについてです。
腎臓の主な働きは、
①尿をつくって老廃物を捨てる
②水・電解質バランスの維持
③血圧の調節
④骨を強くする
⑤血液をつくる
です。

今日は、
「④骨を強くする」
について書きます。

骨を強くするというと
カルシウムが思い浮かぶと
思います。

しかし他にも
「活性型ビタミンD」
というものが必要です。
活性型ビタミンDは
腎臓で作られます。

ビタミンDの働きは
・カルシウムの吸収を助ける
・骨の新陳代謝を高める
があります。
しかし、
ビタミンDそのままでは
この働きをしません。

腎臓で、
ビタミンDを活性化し
活性型ビタミンDに変化することによって
働くのです。

腎臓の機能が悪くなると
ビタミンDの活性化も低下してしまいます。
そのため、
どんどん骨が弱くなっていきます。
骨粗しょう症の原因にもなります。

腎臓の機能が低下すると
様々な病気を引き起こします。
最初の段階では、
自覚症状がほとんどありません。

定期的に検査を受け、
早目に気づくことが大切です!

←前の記事

★メルマガ登録はこちら!
ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や
健康情報を配信しています。
登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、
お気軽にご登録ください。
詳しくはこちら

image8

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


コメントを残す