OBかもしれない時の考え方

 

先日のジュニアゴルフスクールの一コマ!

 

 

佐々木大翔君の愛甲プロゴルフコンペ賞状

9月11日開催、

愛甲プロゴルフコンペで優勝した、

佐々木大翔君の賞状授与式(^^)

 

この調子で頑張って欲しいですね♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

■■ワンポイントレッスン■■

 

今日は、

「OBかもしれない時の考え方」

について書きます!

 

 

ティーショットが大きく曲がり

右のOB方向へ…

 

暫定球を打ちボールを探しに行くと思います。

 

 

 

その時の頭の中ですが、あなたは次のうちどちらですか?

 

 

 

①まずい!頼む!セーフであってくれ!

②多分OBだろう。一応探してみるか。

 

 

 

ゴルフは気持ちの切り替えが大事です。

ですので、②の考え方が良いです!

 

①では、もしOBだった時の心のダメージが大きいです。

「セーフだと思ったのに…」

ガッカリした気持ちで次のショットに挑むことになります。

 

②では、もしセーフならラッキーです。

OBでも最初から9割諦めているので、次のショットに集中できます。

 

 

 

ゴルフは一度ボールを打ってしまえば、

後はコントロール出来ません。

 

①の考え方ではOBをずっと引きずってしまうので、

1打どころか2打3打とスコアが悪くなってしまいます。

 

OBを引きずらないためにも、

ある程度の諦めが大切ですね(^^)

 

 

 

★メルマガ登録はこちら!

ブログでは話せない、実践ですぐに使えて
スコアアップに直接つながる情報や健康情報を配信しています。

今なら素敵なプレゼントをお渡ししています。

登録は無料です。
購読解除もワンクリックで出来ますので、お気軽にご登録ください。

 

詳しくはこちら

image8

 

 

★ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです!
最近人気のゴルフや看護師ブログも見れます!


スポンサーリンク

 

コメントを残す